スポンサーサイト

  • 2016.06.24 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    本文糸綴じ。表紙作り。そんでもって出来上がり。

    • 2016.05.26 Thursday
    • 19:40
    本文の製作です。
    本文は印刷し、半分に折り背を麻糸で綴じていきます。

    綴じ穴を開けます。
    段ボールカッターのように刃先がギザギザのものがよいです。


    次に麻を綴じ込んでいきます。


    ひと折りずつ針をさして右から左に、上にもうひと折り置いて今度は左から右とさします。


    完成したら麻を少しカットして整えます。


    糸綴じ作業は楽しいです。
    型紙を彫るのと同様無心でやっていきます。
    そんな時に頭は暇なので次に作るものをあれこれ考えています。
    見返しを貼り付けて、一度背を仮がためして乾かします。

    染めた布をアイロンかけて和紙を裏打ちします。
    そうすることで表紙の板ボール紙と張り付きやすくなり、丈夫になります。
    まずは布を裏返して置いて和紙にのりボンドを刷毛で塗ったら、布の上に置きます。


    空気が入らないように刷毛で一度撫で付けます。


    そのあとブラシでよく叩いて、和紙と布の繊維をからめてよーく接着します。

    空気を完全に叩き出して、あとは1日ほどゆっくり乾燥させます。

    次は表紙作りです。
    和紙を裏打ちした布をカットし、手帖の大きさにあわせた板ボール紙を貼っていきます。
    まずは背の部分。


    背から7mm測って次の板ボール紙を張ります。
    この部分が溝(みぞ)と呼ばれる表紙のへこんだところです。
    これが適度にあると開きやすくなります。


    両方貼り付けて上下左右を折り返し、しばらく圧力をかけて乾燥させます。
    のりボンドを使うので乾燥はとても大事です。


    できたのがこちらです。


    そして表紙の溝と背の部分にボンドを塗り、カットしてしおりや花ぎれや寒冷紗、クータを貼って背を丈夫にした本文をはさみ、コテでしっかりくっつけます。


    溝をつけたら見返しの裏にうすのりボンドを均一に塗ります。


    そして厚い本などで重しを乗せて、1日ほどゆっくり乾燥させます。
    完成したら表紙の裏にポケットをつけます。
    今回、「わたしの死んだあと」というテーマですので写真や通帳なんかを入れるものがほしかったのでポケットをつけてます。
    そして完成です。


    いつかはみんな死ぬのですが、残されたほうは辛いものですよね。
    自分が死んだとき、まだ生きてる人たちが悲しんだり慌てているのを草葉の陰から見たら成仏しにくいな〜と思ってこの手帖を作りました。
    特に見せる人がいなくてもこういう生き方をしてたと書き残せるのは素敵なことなんじゃないかなと思います。
    生きてるうちに誰かのために何かを書き残せるそんな生き方をしたいなとも思います。

    既に「この世とあの世」も「わたしの死んだあと」も出品していますのでよければminneなどで見てくださいね。
    「この世とあの世」は本文をお好みで作ります。
    「わたしの死んだあと」も白紙の部分は罫線や方眼にも変えられますし、お好みの幅や線の色で仕立てられます。

    考えてから完成までがずいぶん長かったな〜と思いますが、無事にできて心はもう次のものに飛んでいっています。
    次は本の部屋を前から作りたかった!のでそれに取りかかっています。

    なんのこっちゃわからないとは思いますが、設計図です。
    粘土やらディップアートの材料やらいろいろ買い込みまして、既に売上より仕入れのほうが高くなってますが後悔はないですよ。
    きっと楽しいものができると思います。

    ディップアートでアクセサリーなど作る予定ですのでお暇なときにでもショップをのぞいてみてくださいね。

    ちなみに、この完成予定の本の部屋に住んでいるのは小さな魔女です。
    「Little-Ri」という名前の魔女学の研究者。
    みんなから「リルリ」と呼ばれています。
    今はリルリの物語をひたすら書き込んで本に仕立てているところです。

    SNSなど手を出してみたりもしますが、性格的に向いていないのでそこらへんはもう諦めました。
    ブログでは製作の様子を紹介していきますので、時間があるときに読んでくれたら嬉しいです!
    オーダーメイドはいつでも対応できますのでショップページよりお気軽にお問い合わせください。
    ショップ

    2017年のスケジュール手帳も少しずつ製作していますのでまたどうぞよろしくお願いいたします。
    皆様の素敵な1年の道標になるような手帳を作っていきたいと思います!

    あしたの手帖
    • 0
      • -
      • -
      • -

      スポンサーサイト

      • 2016.06.24 Friday
      • 19:40
      • 0
        • -
        • -
        • -

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        selected entries

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM