スポンサーサイト

  • 2016.06.24 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「手作りで楽しむ 紙こもの」

    • 2015.10.02 Friday
    • 10:55
    だいぶ秋らしくなってきました。
    さて、ブティック社さんより発売されました本
    「手作りで楽しむ 紙こもの」
    の中で、あしたの手帖の豆本とスクラップブックの作り方が紹介されています!
    スクラップブックはどれほどでもないのですが、
    豆本は本格的に糸綴じで作ってますので
    なかなか説明するのが難しいのですが、
    さすがプロの方が作るととてもわかりやすく掲載されています。

    私の作品以外にもかわいらしく作りたくなるような紙こものが
    たくさんレシピつきで載ってますのでどうぞご覧になってくださいね。
    クリスマスやハロウィンに向けて作りたくなります。

    これを機会に、手作りキットを作成致しました。
    前から作ってみたいという声はいただいていたのですが、
    わかりやすく説明するのはなかなか難しくて。
    ブティック社さんより声をかけてもらえなければ
    実行にうつすのはもっと先だったかもしれません。

    まずは、わりとかんたんなスクラップブック。
    表紙がもこもこの紙と、表紙の裏の見返しはカラフルなものと組み合わせています。




    画像1枚目左より、①ストロベリー②ネガポジ③マンゴー 
    二枚目左より、④アクア⑤あけび⑥いちじく⑦ココア です。

    この紙はもこもこでふわふわで触ってて気持ちがよいです。

    次は、本に載っているのと同じ和柄の厚紙のもの。




    画像1枚目左より、①あけび②清流③みかん 
    二枚目左より、④いちご⑤春⑥若葉⑦森林です。

    こちらも和柄の模様と日本の色がとても素敵です。
    紙なので表紙に題名を書いたり、シールやビーズを貼って
    デコレーションしてプレゼントしたりしてもいいですね。

    セット内容はこちらです。
    のりやはさみなどの基本的な道具さえあれば1〜2時間でできます。
    説明書を自作したので、わかりにくいところなどは
    minneなどのメッセージよりお問い合わせいただければお答えします。
    説明書はどんどん改良していきますので、画像とは違う場合が多いです。


    続きまして豆本の素材のキットです。
    こちらは表紙の布は御自分の好きな布を使います。
    水を通す布であれば大丈夫です。防水加工やニット、ウールなどは不可です。
    綿や麻、浴衣の生地やリバティ、てぬぐい生地などもいいですね。
    個人で使うので商用利用など気にせずお好きな生地で作れますね。



    セット内容です。
    針は刺繍針などの先の丸いものがいいです。
    あとは裁縫用のへら、竹串など必要になります。
    しおりや花ぎれや糸もセットに入っていて、
    全てカット済みなので3〜4時間ほどで
    糸綴じの開きやすく丈夫な豆本が作れます。



    本文用紙などはセットのものでなくても御自分の使いたい紙で大丈夫です。
    どちらの作り方も私の普段の作り方とほぼ同じなので
    覚えてしまえばかなり応用がききます。
    材料さえそろえば大きめの手帖や、器用な方は豆粒のような豆本も
    本格的な技法で作れるようになります。

    1冊作るのにけっこう手間をかけていますし、
    ひとつずつの工程は地味でゆっくり進んでいきますが、
    どういうものにしようかと考えたり、
    失敗しながら手を動かしていくのはとても楽しいです。
    少しでも皆様の楽しく作るに貢献できれば嬉しいです!

    近いうちに、新しい物語豆本を出品できると思います。
    タイトルは、「猫又ハチ」
    猫又になったハチの優しい物語です。
    猫又、好きです。妖怪や不思議な話全般好きですが。
    怖い話の中には、人が生きて死んでゆくというものの内にある、
    優しさや美しさ、醜さや尊さが妖しくきらめいていると思うのです。
    だから人の心を惹き付けるのでしょう。

    もうひとつは、その名も「縁切り手帳」
    近頃は楽しい事や嬉しい事や願い事だけを書く手帳が流行ってますね。
    私もそういう楽しいことなんかは大好きです。
    それだけ拾い集めていく手帳も作りましたし、希望があっていいです。
    でもそれだけが人生の喜びだとは思いません。
    楽しい事や嬉しい事だけ覚えていって集めていって、
    そのために捨ててしまった醜い感情はどこへ消えてしまうのでしょう。
    それは本当に捨てるしかなかったものなのでしょうか。

    醜い感情も吐いてしまった毒も、美しくないとは言えないと思うのです。
    他人が見たら幻滅してしまうような毒も、
    自分の中の大事な感情です。
    そういった毒を書きためていく手帳を作りたいと思いました。
    毒を吐いて手帳に全て書き出して、そして手帳を閉じたら忘れてしまえばいいのです。

    今月か来月中には出品できればいいなという感じです。
    よろしくお願い致します。

    あしたの手帖


     
    • 0
      • -
      • -
      • -

      スポンサーサイト

      • 2016.06.24 Friday
      • 10:55
      • 0
        • -
        • -
        • -

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>

        selected entries

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM